スタッフブログ

スタッフブログ
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

謎の虫に注意

赤いクモみたいな謎の虫?


この時期になると発生する生き物・・・
↓石にいるところをパシャリ




見た目が気持ち悪い。触ると潰れるし、潰れたら赤い液体が付いたりと厄介な奴について調べてみました。


4月~6月頃になるとタカラダニを目にする機会が増えますが、7月頃(梅雨明けとともに)になると数を減らしていきパッタリ見なくなります。


名前は、「タカラダニ」と言うらしい。


ダニと聞くと、やばいのでは?と思ってしまいがちですが、哺乳類への害はないようです。なので、哺乳類のペットを標的にしないダニのため、哺乳類を刺して吸血したり
寄生して数を増やしていくことはないようです。ちょっとホッとしました。

タカラダニはメスだけで繁殖(単為生殖)できますが、産卵を終えたは個体は24時間ほどで死にます。卵から孵化した幼虫のタカラダニは節足動物(クモやバッタなど)に寄生して、節足動物の体液を吸い満腹になると地面に落ちます。


地面に落下した幼虫のタカラダニは脱皮をして成虫になり、ハダニや花粉などを食べますが、寿命は短く約1ヶ月~2ヵ月の命しかありません。
実は、タカラダニは解明されていない部分もある謎多き虫です。でも、今後は解明されて詳しい生態がわかるかもしれません。

 

タカラダニは、コケを住家としているし、コケに付いた花粉などを餌にしているため、コンクリートの地面や壁、コケ、ビルの屋上、ベランダなどにいることが多く、場所によっては大量発生して赤色に染まることもあるようです。動きはわりと早く、窓や隙間から室内に侵入することもあります。


しかし、タカラダニの直接的な害はなくても、赤い液体が衣類や布団などにつく被害はあります。タカラダニが発生する4月~6月頃は、洗濯物や干している布団にくっついていることもあるでしょう。最悪なのは何かの拍子でタカラダニが潰れてしまった時です。洗濯物や布団についた状態でタカラダニが潰れると赤いシミができます。

対策としては、

「タカラダニのいる場所に水をまく」

タカラダニが屋外にいる場合は水で駆除しましょう。じょうろ・ホース・高圧洗浄機などを使い、タカラダニに向って放水すれば簡単に駆除できます。

中でも、おすすめの駆除アイテムは高圧洗浄機です。

高圧洗浄機は水に勢いがあるためタカラダニを一気に駆除できたり、タカラダニのエサとなる花粉をしっかり洗い流すことができます。じょうろやホースで放水してタカラダニを駆除する場合は、水で流した後にブラシなどで地面や壁面を擦って花粉を落としましょう。

水をかけられたタカラダニの多くは溺死しますが、殺すことができなかったとしてもタカラダニは水と一緒に流れていくため、遠くに追いやることができます。また、水でタカラダニを駆除すると潰れて赤い液体が出ることもありません。


「殺虫剤で駆除」 


害虫駆除と言えば殺虫剤がメジャーですが、”タカラダニを駆除するならダニ専用の殺虫剤を使わなくても駆除できます。

タカラダニは、殺虫剤に弱い害虫で殺虫剤であれば何でも効くため、ゴキブリやムカデの駆除に使える殺虫剤でも効果あり。また、殺虫剤の多くはピレスロイドが含まれていますが、ピレスロイドは即効性があります。つまり、殺虫剤に弱いタカラダニにスプレーすればすぐに駆除できるはずです。

ただし、タカラダニは小さいため、スプレーの勢いで吹き飛ばないように注意しながら殺虫剤を使いましょう。殺虫剤でタカラダニを駆除したら掃除機で吸い取るか、タカラダニを潰さないように意識しながら粘着剤で取り除きます。



そして、タカラダニの天敵は、「クモ」だそうです。

庭などにクモを使うのも効果的のようですが・・・
一緒に生活するのは嫌だな・・・と


お客様サポート課 前田でした。

キッズフェスで上棟体験

こんにちは。新人の米山和希です。

本日、玉島市民交流センターで玉島JCさんが開催している『わくわくドリームキッズフェス』に参加させていただきました。

森本工務店では子供たちに家を建てる体験をしていただく『上棟体験』のブースを出展しました。

今年で3回目のお手伝いになりますが、当社のブースは今年も大盛況でした。


 ↑ 柱、梁(はり)など、大工さんが手刻みした部材が並んでいます。


 ↑ だんだん家の形が分かってくるとテンションが上がります!

上棟体験を通して、家づくりの楽しさ、共同作業の難しさ、達成感などを体感していただきます。

新米の私は、こういったイベントの設営は初めの体験でしたが、地域貢献ができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。


8月24日(土)には当社毎年恒例のイベント『木の香まつり~おやこ木工作~お客様感謝祭』が開催されます。

その練習としても良い経験をさせていただきました。

今回のキッズフェスの経験を活かして『木の香まつり』をより良いものにするため頑張りますので、今回来場できなかった方、
今回参加した方も是非『木の香まつり』にお越しください。


 ↑無事、棟が上がったらみんなでバンザイ\(^o^)/

営業部営業課 新米 米山 和希

打合せしました

隔月で発行している、完全オリジナルニュースレター「木の香メール」の打合せをしました。

※2019年春号


作成チーム5人集まり、クッキングレシピに載るおやつの試食会も兼ねて♪

作成チームはいつも、社長、営業、お客様サポート課、デザイン室が集まり打合せをしています。

住宅業界で今話題になっていること、お客様の声、イベント報告の内容などのアイデアを出し合っています。

また、毎回同封している「住まいの困ったハガキ」もこの時に、返信ハガキにはどんな内容が書かれているか、現在その対応はどうしているか、を話し合います。

↓これです、これ(お気軽に返信してください)



当社のお客様に、より良い情報が伝わるよう、ついつい内容はボリューム満載になってしまいます。(文字が多くて文字の大きさが小さくなってしまうことが悩みです・・・)

現在作成している「木の香メール」は6月上旬、郵送いたしますので楽しみに待っていてください。


本日のブログタイトルにありますように、「打合せ」と言えば当社の2階には打合せをする部屋があります。先日、打合せ用にパソコンを設置しました。


今までは、お客様との打合せ中に調べたいことがでてきたら、スタッフもお客様もスマホ片手に、必死に調べていたり・・・、見せたい施工写真を1階まで取りに行っていたり・・・

早く、導入するべきでした。パソコンを設置したので、調べものも、写真もすぐにモニターにうつしてみんなで共有できるようになりました。

お客さまも、社員も環境がいい場所で打合せができるよう、気づいたことは実践していきたいです。

デザイン室 那須

新元号について

こんにちは。新人の米山和希です。
5月から新元号に代わり今更ながら少し令和の意味について調べてみました。

令和は日本最古の歌集「万葉集」巻5、梅花の歌32首の序文にある「初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」(書き下し文)から二文字をとって命名された。  
(Wikipediaより引用)

つまり・・・春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した。
(日経新聞(2019年4月2日号)より引用)


令和の令の字が元号として使われるのは初めてらしいのでもう少し深堀すると、令和の由来となった万葉集の「新春の令月」の令月というのは何事をするにも良い日。めでたい日。という意味もあり、新元号にぴったりの漢字ですね。


これを機に学生時代に授業で習った万葉集を読み返したくなりました。


日本の四季折々の文化を、次の世代に引き継ぐという思いが込められた「令和」。


まだまだ未熟ですが、前の世代に受け継いでもよいと思ってもらえるように一生懸命努力します。



営業部 米山

初めての地鎮祭設営

こんにちは。新人の米山和希です。

本日はお日柄も良く、とてもいいお天気の下、『起工式(地鎮祭)』に参加させていただきました。

神式の地鎮祭は参加したことがあるのですが、仏式の起工式(地鎮祭)は初めての体験です。

仏式の起工式は、神主さんではなく、住職さんが仏さまに感謝の意を込めて催事を行います。



数珠(じゅず)を持って参列させていただきました。

そしてもう一つの初体験は『盛砂(もりずな)』の制作です。

『盛砂(もりずな)』とは円錐状に盛った砂山のことです。

社長に『盛砂』のつくりかたを教えていただきながらキレイにできました!


↑ 盛った砂山を板でペシペシ叩いて表面をきれいにします。


 ↑ 砂山のふもとは熊手で溝をつくってきれいにします。
   先輩社員が生暖かい目で見守ってくれています。

最初に砂を多めに削ったほうが綺麗にできるのと削ってこぼれた砂を熊手で線をつけるということを教えてもらいました

そして完成したのがこれです!


 ↑ 僕にも出来た!

小さなことですが出来ることが1つ増えました。
この調子でコツコツ出来ることを増やしていきたいと思います

本日は誠におめでとうございました。

営業部営業課 新米 米山和希

5月 玄関ディスプレイ

長いGWも終わり、
5月も早いもので残り半月になりました。

森本工務店の玄関も5月仕様に模様替えしました。
昨年とほとんど同じなので、新しいアイテムを日々探し中です…。














こいのぼりのタペストリーがとても可愛くてお気に入りです♪
5月は母の日もあるため、カーネーションを飾り
季節を演出してみました。

ご来社の際は、是非ご覧ください。

総務課 森元

リフォームか?再生か?建替えか?No,3

前回の続きです。
(リフォームか?再生か?建替えか?No,2はこちら

事例5
30数年前に、母屋のLDKの改装工事にて、ご縁が出来20数年前に離れの建て替え工事をさせていただいたお客様からのご相談。

〈Before〉
 


 

「代々150年にわたって住み続けた母屋の傷みがすすんできたので・・・。」
「子供も、独立して現在二人暮らしなので・・・。」
「先代より必ず残して住み続けるよう、言われているから・・・。」


とお客様の悩みをお聞かせいただくことから始まり、再生と建て替えでの計画書を作成し、約3年間にわたって今後のことも含め、一緒に悩ませていただきました。

途中から、ご長男様も打合せにご参加下さり最終的にはご長男様の後押しにより、再生工事にて決定いたしました。ちなみに再生工事と建て替え工事、ほぼ同じ見積金額でした。 

〈After〉

 

事例6
約40年前に父上様が新築された住宅へ子供様ご一家が同居されたいとの事にて増改築の方向でのご相談。現地調査後、打合せを開始しました。一番のご希望は、2階への増築。新築時の図面も残されており、打合せもスムーズだったのですが、現在の建築基準法にて1階部分の構造補強が大変な多額になる事から、やむなく今回のご計画は断念されました。

近年の自然災害の多発により法律・基準の変更が進んでおり、大変もったいないのですが、現在の基準に合わせようとすると、高額の補強費用が発生してしまい、お客様を悩ませてしまう事になるケースが多くなりました。



営業部 太田

整理収納セミナーを開催しました

先日、ものづくり女子会カフェを開催しました。


整理収納アドバイザーの堀井紘子先生をお招きして、「整理収納セミナー」を開催。

水廻り、書類の片付け方などを皆さんと一緒に勉強しました。


私も数年前、堀井先生の講座を受けて整理収納アドバイザー2級を取得しました。


それからと言うもの、モノを増やしすぎるということはなくなりましたが、書類や一旦散らかってしまったものをしまうのは相変わらず苦手です。

先生の話を聞いて、再びお片付け欲復活!!!


お話しの中に、テプラの活用方法の紹介がありました。
4年間、買おうか悩んでいたテプラを購入。買った理由としては・・・

①堀井先生おすすめの商品の一つだったこと(色々試されている中での商品)
②コンパクトで値段もお手頃だったこと
③コードレスかつ、Bluetoothでスマホから簡単にテプラが印刷できること

でした。おすすめしていただいたという商品がコチラ。

P-touch cube

手のひらぐらいのサイズです。
ただし、③のコードレス・・・おもわぬ落とし穴が。

電池式でした。別売りでコードを買えば不要ですが、そのコードだけでもいいお値段。
(買った後で、電池式だと気づいた。)

頻繁に使うものでもないので、よしとしました。

何事も、お気に入りのものを持つ(まぁいっかで買うと愛着が持てない)、衝動買いをしない、よく調べてから買う。

ということを改めて肝に銘じました。

今回購入したテプラはとても満足しています。
取り出しにくかった必要な書類をまとめることができました。


先生、ありがとうございました。
次回の女子会は6月です。(ポーセラーツづくりを予定しています♪)

デザイン室 那須

 

檜皮葺(ひわだぶき)

先日、岡山市の吉備津神社の北随神門(きたずいしんもん)の改修工事の一般公開がありました。
北随神門は吉備津神社の北の参道に位置し、室町中期に再建された国指定重要文化財です。
屋根の檜皮(ひわだ)を葺き替え工事中で、ちょうど屋根の内部構造が見られると思い、行ってきました。
深い軒を支えるための太いハネ木が何本も入っていて、これで屋根を支えているのがよく見えました。

室町時代に建てられたそうですが、昔の大工さんは本当にすごいですね。
なかなかこのような工事をさせてもらう機会はありませんが、
今後の仕事の役に立てばいいな、と思います。

常務取締役 森永

住宅用火災警報器

「住宅用火災警報器の設置は大丈夫ですか???」

先日、学校で子どもがチラシを持って帰って来てこれに行ってみたい!ってことで、

「全国防災キャラバン2019」に行ってきました。

↓顔をはめることができるパネルがありました。


災害に備えての準備品、災害現場での簡易的担架の作り方など子どもと一緒に体験してきました。

今回の災害で大切な数々の思い出の写真の手入れの仕方も教わり、子どもは真剣に写真の手入れをしていました。


その中で、消防局さんのコーナーでは、実際に子ども用防火着衣を体験できたり、消防車に乗れたりと子どもたちは満足そうでした。良い体験が出来たかな?と思います。

火災報知器は、設置義務化されていますが、お宅は設置されていますか?

どこへ取付されていますか?

一番設置が必要なのは、どこでしょうか?

それは、「全ての寝室」です。寝室が2階にある場合には、「階段」にも必要です。

設置はしているが、点検はしていますか?

ボタンを押す、紐を引っ張るなどして定期的に作動確認が必要です。

そして、「10年」を経過したものは交換をおすすめします。

火災警報器には、煙式と熱式がありますが、「煙式」を選びましょう!

※台所(任意)に設置する場合は、熱式でも可

まだ、設置出来ていないご家庭がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お客様サポート課 前田