【重要】新型コロナウイルス感染症対策およびオンライン相談について

スタッフブログ

スタッフブログ
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

階段の手すり

先日、新築中のN様邸へ行かせてもらいました。

大工さんが内部を造作中で、階段の手すりを取り付けられているところでした。

手すりの端は、釘などでとめられていないのですが柱の上にしっかりとまっています。

これは見えないところに仕掛けがあり、「寄せアリ」という方法が使われています。


柱の頭にビスを少し出してとめ、そこに手すり下側の丸い穴の方をはめ、横にスライドさせることで固定されます。

          ⇩

           

           

見えなくなってしまう所にも大工さんの技が光っています。

建築中の建物を見るのもおもしろいです。

資材課 磯田

建て替え新築工事(造作~完成・お引渡し)

前回からの継続です。天候にも恵まれて、無事上棟が完了。

屋根仕舞後、屋根瓦葺き・板金工事 













室内造作・電気配線・左官工事と、工事が進みます。























工事工程順に、詳細な仕様を決定する為に、
随時お打合せを継続します。

時には、工事中の現場での打合せも必要になります。












順調に工事も進んで、いよいよ完成、お引き渡しです。












外部仕上げは、焼き板貼り・漆喰塗・化粧腕庇・板庇・化粧梁・化粧束と、
お客様こだわりの仕上げです。












玄関廻りは、現場監督お勧めの、天然皮付欅材の一枚板を。

お手持ちだった下駄箱を造り付けにして、大黒柱共、同色仕上げに。
















玄関ポーチは、天然御影石の水切石に豆砂利洗い出し仕上げ。

二重腕木による出し桁・杉板腰板貼り。



























天然桧のキッチンカウンターと、トイレ手洗いカウンター 














ご相談から始まって、約1年が経過、工事期間は、
解体開始からで、約半年間でした。

その間、定期的打合せを繰り返し、お疲れ様でした。

ありがと御座いました。


営業部 太田

シュロ

ヤシ目 ヤシ科 シュロ属

倉庫を片付けていると、ぐちゃぐちゃに絡まったシュロ縄が出てきたので、きれいにまとめました。

 


        

 

直径2㎝位のもので、外溝(境界)のクサリ(ロープ)がわりに使われたものです。
細いものは、園芸用や生け垣の竹()を縛るものに使われます。 

シュロは南国ムードが出る植物で、ヤシ、ソテツなど良く似ているものがあります。

鹿児島県など自生しているものを、ワシュロ、中国大陸の方面から来て庭木などに使われるトウシュロなどがあるそうです。
成長は遅く、水やりもあまり必要としませんが、上へ上へと伸びるので、あまり高くならないうちに剪定、伐採した方が無難です。
と言うのも、シュロの幹には暗褐色の繊維、シュロ皮が密集していて、チェーンソーの刃が引っ掛かり上手く切れないからです。

この繊維状のシュロ皮を加工して出来たものが、先ほどのシュロ縄やタワシ、はけ、高級ほうきの先などに使われます。

また、皮の中には、意外としっかりとした幹(木ではないので、茎が正しい。桐と同じように)があり、ほどよい硬さがあるため、お寺の鐘を突く「鐘突き棒」に使われることが多いそうです。

資材課 三宅

ものづくり

営業の仕事終わりに自社の加工場にて少しずついろいろな生活に便利なものを作っています。

デスクを広く使うためキーボードの入るPC台
現場出た端材を利用し金物は使っていません。




飾り棚
腰壁見切りの厚みを利用して板を乗っけただけの棚


カウンター付き食器棚
折り畳み式のカウンターに裏は皿やコップの入る収納になっています。











趣味の延長で楽しみながら他にもいろいろと良いアイデアの物でお客さんの生活の為に提案させてもらえるのが無いかと試行錯誤しています。

      営業 秦野

建て替え新築工事(ご相談~上棟まで)

三十数年前に、某ハウスメーカーにて新築された住宅で、
雨漏りが進行してきたので、そのメーカーに修理依頼をしたところ、
廃番商品である事他(?)にて、対応がしてもらえない。
   











そこで、地元工務店の当社に、ご相談がありました。

早速、現地を訪問させて頂き、調査させて頂きました。

メーカー毎の仕様による独特の施工をされており、
解体しないと分からない部分もあったりして、
結構な修理費になる見込みをご報告して、
改めてご連絡を下さる事で、当日は終了しました。

その数日後、ご連絡を頂き、
この際、建て替えを検討されたいとの事でした。

今度は、本格木造でと・・・。ありがとう御座います。

継続的にお打合せを繰り返して、
既存住宅の解体工事・整地までこぎつけました。

次は、地盤改良工事・基礎工事へと進みます。



































並行して、設備ショールームにて、
浴室・キッチン・トイレ他の設備商品の選択、決定をしました。












いよいよ上棟日です。最高の日和にもめぐまれて、
お客様の幸せと、工事の安全を祈念したうえで、建て方開始。

無事、屋根板葺きまでを、当日完了する事ができました。

お客様、おめでとう御座います。ありがとう御座いました。

職人の皆様、お疲れさまでした。




 












営業部 太田

ヒートポンプ下水漏れ

こんにちは。

お客様サポート課 前田です。

やっと、朝晩が涼しくなり、秋らしい感じになってきました。
でも、まだまだ日中は暑いです(;^_^A


先日、エコキュートのヒートポンプの下から水漏れしていることを発見し、
点検してみました。ヾ(*´∀`*)ノ

原因は???
このような水漏れのほとんどがドレンのごみ詰まりです。

ドレンホースもゴミが詰まったりすることはありますが、
今回は、ホースに水が流れて来ない???
ってことで、写真の部分を外してみました


ドレン外したところの写真撮り忘れたッ(^^;




掃除完了!
通水確認もOK!
取付して完了です。
※黒い部分外した本体側の穴付近も掃除をした方が、いいですよ(*^▽^*)

次の日、土間を確認しましたが、水漏れも止まっていました。
ドレン水が出るのは、湯を沸かしている夜間~早朝です。

気になる所がありましたら、お気軽にご連絡ください。


古民家再生

代々150年にわたって住続けて来た母屋の、痛みが進んで来た。

子供達も独立して、今は、夫婦二人住まいなのだけど・・・・。

両親からは、建て替えは考えないで住み続ける様にいわれている・・・。

自分たちは、離れを新築しているので、不便は無いのだけど・・・。










お客様にとっては、大変切実なお悩みでした。

まず、再生工事と建て替え工事での、両方での計画書のご提案から始まり、
途中からは、息子様お二人にも参加をお願いして、
3年に渡って打合せを繰り返しました。

打合せ経過にて、既存部分の調査をすすめていきましたところ、
軸組、屋根他、150年の間に、何度もの修理がされており、
何代にもわたって大切に住まれていた事がわかりました。

















お客様も、その状況を見、重ねていくうちに・・・。

「無理なお願いですが、両方での見積をお願いできませんか?」とのお言葉を頂き、
見積をさせて頂いたところ、ほぼ同金額になりました。

その後、ご家族にてご相談の上、再生工事をさせて頂く事となりました。

最近では、時代の変化、価値観の多様化により、
解体しての、建て替えが増えてきているようで、
少々残念です。今では、入手困難な素材が、
焼却されてしまうのは・・・。












営業部 藤井

スロープ工事

こんにちは。土木班の末吉です。

ようやく、秋らしい気候になってきました。

先日、スロープを新設しました!

今回は、玄関ポーチがタイルなのですが、あえて
”コンクリートの打ち放し”にしました。


なぜかと言うと・・・
スロープの表面を”ハケ引き”にするためです。

ハケ引きとは、表面にわざとハケで横目を入れて滑りにくい施工にすることです。」


見えますか?横に線が入っているのですが・・・
これが、ハケ引きという施工方法です。


スロープ完成です!



また、和風な感じでは、”長石+豆砂利洗い出し”と言う施工方法もあります。

施工例




この他にも色々な施工方法もありますので、ご相談ください。

家とともに時を重ねる

無垢木材は樹種によって、色や木目が異なるのはもちろんですが、
同じ樹種でも全く同じ見た目の木材はありません。

また、その他の自然素材と同じように経年で色味が変化します。

無垢木材は大切にメンテナスしながら、長い時間付き合っていく事で、
深みが増してきます。















↑新しい桧           ↑日焼けして色の深みが増した桧


木を選ばれるときは年数がたったことも考えて選ぶといいかもしれませんね。


営業課 西森

ものづくり女子会カフェ・開催しました~♪

9月5日(土曜日)、ものづくり女子会カフェを開催しました。
今回は、【エレガントフォルダー(袱紗)づくり】を開催!
コロナ禍の中、たくさんの皆さまが参加して下さいました。

もちろん、先生にも皆さんにもマスクを着けていただいて、
広い会議室でしっかり間隔をとりながらの開催です。

お気に入りの布を選んで切って、型紙に貼って・・・。
カーブにそって布を貼る作業がちょっと難しい・・・。
高橋先生にやさしく教えていただきながら・・・
素敵なエレガントフォルダーが完成しました。

「難しかったけどとても楽しかった」
「とてもいい作品ができてうれしい」
「今後しっかり使えそうで楽しみ~」などの感想でした。
皆さん、ご参加ありがとうございました。













次回の「ものづくり女子会カフェ」は、
10月17日(土曜日)、
【ウェットティッシュケースをデコレーション】を開催の予定です。
(次回も針も糸も使わずに作ります)
内容が決まり次第、ホームページに掲載いたします。
次回もたくさんの方のご参加をお待ちしています。

デザイン室 真田